防水工事をきちんとすれば雨漏りを防ぐことが可能

男性

建物に水をしみ込ませない

防水

木造建築にしろ、軽量鉄骨造りにしろ、戸建住宅を長持ちさせたいのであれば、建物の内部に水分をしみ込ませないようにすることが大事です。家の防水性能を維持し続けるために実施する工事と聞くと、外壁塗装や屋根塗装を思い浮かべる人が多いですが、意外と重要になってくるのがベランダの防水工事です。分譲マンションの場合は最初からベランダに防水工事が施されているのが普通ですが、一般的な建売住宅の場合ですと、ベランダ防水が行われていないケースがよくあります。モルタルがむき出しになっていると、亀裂部分から雨水がしみ込んでゆき、内部の木材や鉄骨が深刻なダメージを受けてしまうことになります。ベランダの下に真っ黒い水がしみ出して大きなシミになってしまったり、室内で雨漏りが発生してしまったりすることが実際にしばしばあります。最悪の場合、ベランダが崩れ落ちてしまう可能性もありますので、ベランダにもキチンと防水工事を施しておくことが大切です。

ベランダの防水工事には、いくつかの種類があります。最もポピュラーなのはウレタン防水です。簡単に言うと、液体状のウレタンをベランダの床に直接塗って、表面に防水層を作る方法です。剥がれかけの古い防水層があっても、それを剥がさずに上から重ね塗りをすることができるので、余計な手間がかかりません。また、液体を刷毛で直接塗りつけてゆく方法なので、床の形状が多少複雑になっていても問題なく施工することができます。比較的安価であるのにもかかわらず12〜13年は持たせることができるため、ウレタン防水が選ばれるケースが多くなっています。シート防水という方法もありますが、シートを接着剤で床面に貼り付ける方法なので、事前に下地をキレイに整えておく必要があります。ちなみに、近年注目されるようになってきているのは、ガラス繊維強化プラスチックを用いるFRP防水です。硬化速度が速い上に着色も自由であるため、戸建住宅のベランダ防水工事で積極的に採用されるようになってきています。

我が家の寿命を延ばす方法

ペンキ

福岡では冬に積雪がある地域、夏には高温で雨量が多くなります。このような気候から建物を守っているのが外壁塗装です。外壁塗装は雨や紫外線などから建物を守る役割をしています。定期的に外壁塗装の塗り替えを行うことで我が家の寿命を延ばすことができます。

庭が形作る家の姿

植物

自宅の敷地をきちんと造園することで、訪問してくれたお客さんを感動させるような住まいになります。岡山で庭に植える植物を選ぶ際は、あまり害虫がつかない種類を選びましょう。住人にケムシの被害が生まれません。

快適な家に住みたい

刷毛

定期的に外壁塗装工事を実施することで、家の性能の低下や外観の劣化を避けられるようになります。外壁塗装工事に用いられる塗料には様々な種類のものがありますが、名古屋で営業している塗装業者はどこも親切なところばかりですので、いろいろと教えてもらうことができます。